トップページ>

平成24年度 卒業生対新Aチームのフレンドリーマッチを開催

3/16(土) 伊奈学園卒業生チーム VS Aチーム

記念イベントとして、卒業生対新Aチームのフレンドリーマッチを行いました。

ROUND1(20分) 0:0

卒業生は試合開始前、全員がグラウンドで円陣を組み、後輩には「まだ負けられない」とばかりに声を張り上げ、気合いを高める姿がありました。
10時、いよいよキックオフとなり、開始6分、8分と卒業生チームが立て続けにシュートを放つもゴールにはならず。
その後も、気合いの入った卒業生チームにAチームは中々攻め込めず時間が進み、またも卒業生チームの35番からパスを受けた7番が今度はループシュートを放つが、ブランクのせいかゴールネットはゆらせなかった。
15分、Aチームが初のコーナーキックのチャンスをもらい、34番がヘディングシュートをするが惜しくも入らなかった。
時間が経つにつれ、徐々にAチームが攻め込むシーンが増え、終了間際に73番、80番が強烈なシュートを放つが、卒業生キーパーのナイスセーブにより得点ならず0-0で終了のホイッスル。

ROUND2(20分) 0:1

両チームともメンバー総入れ替えとなり、2回戦目が始まる。
この試合もやはり出だしは卒業生のモチベーションが高く、勢いを感じた。
卒業生チームは開始3分のコーナーキック、5分には5番が強烈なシュートを放つが惜しくも枠を外れてしまった。
その後、卒業生もAチームもプライドのぶつかり合いを感じ、ガチ勝負の様相を呈していたため、両者ともに決定的なチャンスはなかった。
試合後半13分、15分にはAチーム89番がシュートをするも枠の外となり、後半18分、思わぬ形で均衡が崩れた。Aチーム53番が左サイドを切り込みシュートしたボールが卒業生DFにあたりオウンゴールで初得点となり、そのまま試合は終了。

ROUND3(20分) 0:2

3回戦目は開始2分に卒業生43番がシュートを放つが右に外れ、3分にはAチーム75番がゴール前のこぼれ球を押し込みゴールする。
9分には再びAチームが右サイドのパスワークから最後は75番がシュートし2点目をあげた。卒業生チームも13分、35番が右サイドを駆け上がり、グランダー系のセンタリングに14番が合わせシュート! 惜しくも外れてしまった。
15分、卒業生チームのキーパーが「足が止まっているぞ」と大きな声で激が入るシーンもあり、スタミナが切れてきたのか、19分にはAチーム75番のシュートをキーパーが弾き返し、そのボールに反応した58番が再びシュートを放ったが、キーパーの意地が追加点を許さなかった。

ROUND4(20分) 0:0

この試合は両者ともに決定的な場面がなく、混沌とした流れで試合終了。

ROUND5(20分) 0:0

5回戦目は開始3分に卒業生24番がシュートを放つが枠の外となり、4分にはAチーム53番が個人技でゴール前に持ち込みシュートを打つが、キーパーのナイスセーブにより得点ならず。
10分、卒業生チームはMFからの綺麗なスルーパスに11番が反応し、キーパーとの1対1の決定的な場面となったが、惜しくもオフサイドの判定。
16分、今度はAチームが反撃し、53番が強烈なシュートを放つが、キーパーが弾き返し、そのボールに反応した36番が再びシュートを放ったが、キーパー正面となり得点にはならなかった。
18分頃から、Aチームの攻撃に対し、卒業生チーム21番が何度も何度もスライディングタックルを行い、献身的なディフェンスによりピンチを救ったシーンがとても印象的な試合となった。

FINAL ROUND(20分) 0:0

最終戦は開始5分に卒業生3番がうまく抜け出しキーパーとの1対1の決定的な場面となったが、惜しくも左に外れてしまった。
何とか卒業生チームも1点を取ろうと必死に攻め、それを死守しようとするAチームの攻防が感じられる試合だった。
そして、終了間際の最後のシーン。卒業生35番が左サイドを個人技で駆け上がりながらシュート!ボールの行方は惜しくもバーに弾かれたが、そのボールに反応した卒業生3番が押し込みゴォォォォール!卒業生から歓喜の声が上がったのもつかの間、惜しくもオフサイドの判定となり幻のゴールで最終戦が終了。

卒業生の皆さん、本当のお疲れ様でした。そして、有難うございました。

HOMEへ  その2へ